西島悠也が福岡の歴史ある建造物を紹介

西島悠也|福岡の歴史的建造物の魅力

 

西島悠也

 

 

まずは、旧門司三井倶楽部(キュウモジミツイクラブ)です。

 

あのアインシュタインが宿泊した社交場で、三井物産がVIPを接待する社交クラブとして使っていた建物です。
1階はレストラン、2階は林芙美子記念室とアインシュタイン夫妻の宿泊を記念したメモリアルルームになっています。

 

続いて、旧大阪商船(キュウオオサカショウセン)です。

 

尖塔がそびえる優雅なたたずまいで、幾何学的な八角形の塔と、煉瓦に見えるオレンジ色のタイルが印象的です。
北九州市出身のイラストレーターわたせせいぞう氏の作品を展示するギャラリー、地元アーティストの作品が並ぶコーナーもあります。

 

続きまして旧門司税関(キュウモジゼイカン)です。

 

シンメトリーな姿が美しい赤煉瓦館で、昭和初期まで税関庁舎として使われていた明治45(1912)年築の洋館です。
現在の建物は焼失後に再建されたもので、1階は吹き抜けの天井で、休憩所と税関のPRコーナー、2階は展望室があります。

 

続いて出光佐三生家(イデミツサゾウセイカ)も忘れてはなりません。

 

出光興産の創業者「出光佐三」の生家で、今も残る白壁の生家は明治時代中期に建てられたものです。
国の登録有形文化財として登録されていて、外観のみ見学することができます。